PGAL-1アクティブアライメント技術
光通信や光情報機器の普及により、そのコア部品である各種光モジュールの高速高精度実装が求められています。
当社の光モジュール実装・調芯システムに採用されている「PGAL-1アクティブアライメント技術」は、超高速調芯と高い調芯精度を両立した画期的な調芯方式です。
光ビームの光路中のある空間において、ファイバを高速で往復運動させながら、ファイバからの出力光をフォトダイオードで受光し出力の光強度を波形表示すると、光路上の任意位置における光ビームプロファイル波形(光強度分布波形)を取得することができます。PGAL-1アクティブアライメント方式は、調芯対象となる光ファイバをピエゾアクチュエータに搭載し、30Hz・100μm幅で往復運動させながらステージを移動させて、光ビームプロファイル波形をリアルタイムで観測・解析しながら最適調芯点を求める調芯方式です。
この方式の採用により、驚異的な高速性と精度を両立した画期的な調芯を実現しました。
技術資料(PDF)をご参照ください。
製品名 特徴・用途 カタログ
TOSA/ROSA自動調芯実装装置 PGAL1004

高速調芯テクノロジーPGAL-2を搭載することにより高速且つ高精度な調芯を可能にしています。
◎特徴
・高速調芯テクノロジーPGAL-2を搭載
・YAGレーザ2スポット照射光学系により高精度なYAG照射
・スループット約30秒(製作するモジュールによる)を実現
・小型・高剛性設計で月産数万個のモジュール生産に対応できます
・TOSA/ROSAの他BOSAの組立にも対応します。
◎用途
・TOSAモジュール
・トライプレクサモジュール
・ROSAモジュール
・BOSAモジュール
◎価格
800万円〜(YAGレーザはオプション)

PDF
レーザーモジュール高速調芯溶接装置 PGAL1004-03

PGAL1004-03は、導入コストを抑えた試作・パイロット生産用LDモジュール調芯実装装置です。

当社の高速調芯技術「PGAL-1アクティブアライメント方式」による高速調芯と、弊社独自のYAGレーザ溶接ユニットにより、各種光モジュールの高精度実装組立を可能にします。

YAGレーザ溶接ユニットの上方退避機構により、ワークの取り付け等、作業性が向上しました。
PDF
導波路デバイス自動調芯装置
PGAL-1005
PGAL-1005
「PGAL-1」を応用し、従来非常に複雑かつ面倒だったアレイ方向調芯を瞬時に行う装置です。導波路、スプリッタ、光スイッチデバイス等の高速実装に最適な装置です。 PDF
自動調芯ユニット PGAL-1006
PGAL-1006
「PGAL-1」による超高速調芯ユニットです。アルゴリズムの最適化により、LDの集光点と光ファイバ間の調芯を、粗調芯から高精度調芯までわずか10秒〜20秒で完了します。

光部品の検査、製造装置への組込にも対応します。
PDF
手動調芯ユニット
PGAL-1007
PGAL-1007
「PGAL-1」と手動ステージを組合せた手動調芯型の高速調芯ユニットです。柔軟な装置構成やカスタマイズが可能ですので、各種光デバイスの研究開発用途に最適です。 PDF
TOSA/ROSA自動実装装置
PGAL-1004-02
PGAL-1004-02
TOSA/ROSA/BOSA/CANパッケージモジュール/バタフライモジュール/レセプタクルモジュールの調芯、溶接を自動で行う装置です。
「PGAL-1」により、光強度プロファイルをもとにファイバ、レンズ、受発光デバイスの3部品の高速、高精度調芯を可能にしています。
PDF
放電融着光部品実装システム
PGAL-1011

PGAL-1011
マイクロオプティクス実装コンソーシアム(MOJC)のファイバコリメータ実装プロジェクトにより提唱された低コストファイバコリメータ実装技術をベースに、当社独自のアイディアを付加し、より低コスト化と高信頼性を実現した光部品実装システムです。 PDF
ファイバコリメータ放電融着装置
PGAL-1011-05

PGAL-1011-05
アーク放電の熱により軟化させた低融点ガラスレンズの端面に、石英ファイバを接触させてファイバーとレンズを融着させる新しい方式を採用したファイバコリメータ融着装置です。 PDF


現在出展の予定はございません。


トップ |製品情報>>光モジュール調芯・実験装置
光モジュール実装・調芯システム

お問合せ
電話:053-430-5023
FAX:053-430-5024
問合わせフォーム mail

 所在地:〒433-8105 静岡県浜松市北区三方原町283-4 TEL:053-430-5023 FAX:053-430-5024